車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

九州に行こう!!その六

今日で予定の3分の1消化。。濃密だった。まだ3分の2も残ってる。持つかな?

今朝は韓国岳に登ったんだけど、案の定ホワイトアウトしまくり。しかも寒いさむい。理由は風の強さ。あの標高で帽子が飛ばされそうな風が吹いたら、そりゃあ体感温度5℃くらいまで下がっちゃうよ。登山的には楽勝だったけど視界ゼロは残念です。でも霧の中、鹿が目の前を通りすぎていった。

そのあと近くの温泉に。硫黄の匂いたっぷりの白濁濃厚湯で露天は混浴。。中年夫婦が入っていたので、譲りました。。(若干見苦しかったので。。)お湯は強烈で、ちょっと僕の好みじゃなかったけど、好きな人は好きだと思います。まだ10時位なのに帰り際、沢山の人がやって来てた。
でも兎に角、冷えきった身体が暖まって良かった。

そのあと薩摩半島沿岸をドライブしながら南薩摩に向かいました。この頃には天気は晴れてて相当暑い。途中で、知覧というところに立ち寄りそこにも武家屋敷が沢山ありました。しかし、ここはほとんどが有料チケットを買わないと見れないようになっており、ちょっと残念。とても広くて手入れもしっかりされていたんですが、個人的には島原のほうがロマンチックで好きです。

そのあと、百何十キロも運転してきて大分疲れてきたけど、気合いで開聞岳のある薩摩の突端を目指しました。知覧の食事処が全休だったから食べれなくて、途中お腹が好いたので九州によくあるファミレス、ジョイフルに思わず入りました。ハンバーグセットをがっつり平らげたんだけど、広い店内には僕一人だけだった。。

そしてもう少し走ると、もう開聞岳が目の前にそびえ立っててビックリ!こりゃあ見事。すぐ回りが海で綺麗な円錐形で富士のよう。自然って凄いなあ。。なんでまた海岸の丘にこんな山が出来たんだろう?不思議。

早くに温泉に入ってしまってて、長距離移動や暑い中結構な時間観光したりしてたんでもう一発温泉に。。開聞岳の麓にある地元の人しか来ないような、市民温泉に入ったら、温泉にプールもあって老人達で賑わっていた。そう言えば、プール行きたいなあ~。大分泳いでないからなあ。仕方ないけど、あいつもうやめたんだと思われてたらしゃくだな。。なんて思いながらさっぱりしました。

で、登山口チェック。駐車場から500メートルも離れてる。なんで?目の前の駐車場らしき空き地はロープが張られて停められない。。結局500メートル下の売店やら管理局やらがある駐車場に停めてると、おっさんがやって来て車中泊ならお金払って下さい。。とおっしゃる。どうせ数百円だろうと思い、ああいいよ。といい管理局にいって値段をきいてビックリ!1200円もぼりやがる!即断り、そんなら明日の朝来て泊めると言って出てきた。何だか南薩摩はちょっと金金って感じでやだな。それだけ大変なんだろうけど、だんだん胡散臭くなっちゃうと思う。

明日は小雨だったら行くけど、結構降ってたらやめる。疲れがたまってきてるし、屋久島に向けての調整もあるからね。兎に角あしたは予約してある鹿児島市内のホテルで休める。