車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

九州に行こう!!その十

今日も寝坊。。もののけの森を駆け抜ける!ちょっとkyな感じだが仕方ない。
結構すごい観光客が来てる!外国人も多い。でもやっぱり管理され過ぎてて少々詰まらん。。
何か凄い水族館にきてるようだ。でも個々の樹々は凄まじく珍しい。
帰り際、ルート図の前で、中国語が聞こえてきて、思わずニーハオって話しかけてしまった。
するとその夫婦は最後の太鼓岩までいくか悩んでいるようだったので、片言の英語で最高だから行った方がいいよ!って説明すると、奥さんの方がちょっとだけ分かってくれた様子。。
結局ジェスチャーで解決。夫婦は凄い喜んでくれて、僕もハッピー。中国人が登山のカッコして山に居るの始めて見たから思わず話し掛けてしまった。屋久島で日中関係に少し貢献出来たかな。別れ際、旦那が僕のリュックの半開きファスナーを父親みたいに閉めてくれた。彼は有難うと言って、僕はシェイシェーと言って別れた。
そして、通常5時間から6時間掛かるところで2時間40分で帰還。

すぐさまいいホテルで温泉&トビウオ御膳なんぞを決めてフェリーと思いきや、衝撃の立ち寄り湯時間終了。。ランチも予約制らしい。。客も全く居なかったし。。

諦めて港近くの温泉でささっと浴びて、お土産物色してフェリーに乗り出港。
さよなら、屋久島。今度は川で遊ぼう。


帰ってきたよ鹿児島市。かるかんを専門店で購入し、いざ桜島へ。途中又してもジョイフルで夕食。ガッツリ食べてwifiも入ってラッキー。ガソリン入れて更に麓にGO。ってか市内出た瞬間位から霧?
いや、火山灰か。。これが!結構すごい。大気が中東の街みたい。。取り敢えず今麓の道の駅に着いちゃったけど、一晩明かして大丈夫かな。。もう今日は疲れ切って動けない。鹿児島市内の反対側に来るのに7・80キロ掛かったし。。でも、エンジンに悪影響あるかが心配。。まあ、車は今もビュンビュン通るから、もう考えても仕方ない。朝一で展望台まで行って、佐多岬経由で大崩山登山口まで行きたい!300キロ近くあるから九州じゃ大変だ。。

 

目を覚ますと思っていたより火山灰は降っていない。展望台を目指す。降っていないが、相当舞っている!天気予報は100%晴れだけど、これじゃあなんも見えない。普段見慣れない僕は、ちょっと新鮮。

山をもやのなか写真に収め、佐多岬へ。
桜島は一周しないで、温泉によって岬へ急ぐ。今日はなんたって、大崩山登山口まで行かなきゃならないから。360キロ6時間。道は狭いし峠が多い。所が、温泉が情報と違って30分開くのが遅い。だったら桜島一周出来たのに!

しょうがないから、持ってきたバーンマシンや大胸筋マシンで筋トレ(笑)。国道沿いで朝からキチガイだと思われてもおかしくない行動。
時間を過ぎてもまだ開かない。。よーく見ると眼下の入り口の浜辺に向かって、気持ち良さげに歯を磨いてるおっさんあり。。

上からすいません!ここの人ですか?そうです(もごもご)開いてますか?開いてます!(もごもご)車を迂回して下から入って!がーん!入り口間違ってた。。

中先客が2人いてガッカリ。。しかも露天は封鎖されていた。が、湯質はよく鉄の味と微炭酸タイプの折出もの温泉。先客はなんと高齢のヤクザとかたぎ。。大坂に居るけど同窓会で故郷に帰っとるんじゃ。だそう。堅気は西川のりおでヤクザは横山やすしみたいだった。やっさんはもんもんガッツリだったけど、優しい言葉を沢山かけてくれた。

佐多岬へ急がないと。。行ってビックリ道が凄い。。やまだらけのみちをぐわんぐわんすすむ。。こりゃ青森の大間みたいだ!仏ヶ浦とそっくり。こんな断崖絶壁タイプの岬だったんだ!
いったら若干工事中。展望まで1キロも歩かなくちゃならない。たっぷり自分撮りして宮崎県に向かう。

途中鹿児島最後の町、鹿屋が結構個性的な町で印象に残った。自衛隊のデッカイ基地があるからか。そこと次の町の間くらいで、トラックが真横にゴロンとしてる大事故を目撃。クレーン車二台で復旧させようとしてた。九州はよく事故見るなあ~。気を付けてよう。

そしてひたすら真っ直ぐ、ところが国道10が一本道。。帰宅ラッシュ的な感じになってきて進まない。やっと好いてきてナビ検索で最後のコンビニを探しながら進み、そこに寄る。

そこから先は祝子川方面にこれまた驚異的な一本道!しかもバス停があるって。。そんなのを20キロほど進むとやっと着いた、温泉。客は少なくすぐに僕だけになり、ゆっくりつかって出るとき店主が大崩山は10時間はみてくださいねえ、と脅す。クライマーみたいな感じの人だった。

そこから数キロ上がると登山口に着きました。
先客は乗用車二台。

がんばるぞ!