車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

みちのくひとり旅に行こう!!その六

昨夜このブログを更新し、今後の展開を練っていたら車の窓をとんとん。。やっぱり守衛さんに優しく追い出されてしまった。そりゃ当たり前、県立美術館で車中泊なんて。。ちょっと常識はずれでした。
っと同時にこんなことも考えていた、守衛さんのとんとんの瞬間のほんの一瞬前に察知したのか何なのか、余り驚かなかった事。これが脳科学の言うリベットの0.5秒と何か関係あるのかな?脳の感覚が察知して意識に伝わるまでの0.5秒。。僕結構こういうことあるんです。なんの役にもたっていませんが。。
もしくは現象学のいう未来予持が働いたのか。。(守衛が来る事を予め無意識に想定していたため)

。。まあそんな事より、寝床を探さなくては(笑)優しい守衛さんは港の方に行けばいいよと言ってくれたが。。港??そうか!去年きた北海道の時の港がすぐそばか。。今更ながら懐かしい。こんな近くにいたのか。

だけどもっと近くでそのまま市街地をぐるっとして、これまたローソン。。(苦笑)で落ち着きました。
朝イチで今朝はシャキッとして、再度美術館に向かいます。真っ白な建築美に青森県出身の奈良さんの巨大ワンコがベストマッチ。

企画展ではなんと横尾忠則氏の昭和が本日最終日で滑り込みセーフ!!!
その前にシャガールの巨大バレエ用の展示もあり、シャガールの原色と横尾さんの強烈な色彩が生と死と性のダイナミズムとなって鮮烈なインパクトを放っていた。奇しくも今年は青森県出身の寺山修二没後30年だそうで、生前親交のあった寺山さんとこの青森の地で展示で、再会出来たそうです。

その後は去年行きそびれた山奥の秘湯、古戸部温泉へ。ホントに山奥で、携帯は圏外に。。入っていくとレトロな佇まい。受け付けの小窓を開け、呼び鈴を鳴らすと意外にもちょっとムッとした美女が。。(婆さんだと思い込んでいたのでそう見えたのかも。。小窓をあけちゃったから怒ったのかな♪
鈴だけ鳴らせば良かった。300円を払い階段を下り浴室へ。こじんまりした温泉ですが湯質は最高レベル。弱炭酸の昆布だし鉄系の熱めの湯は芯まであったまり、出た後も暫く汗が止まりませんでした。
しかし、噂ほど源泉の量の勢いはなかった気がしました。

そのあとは明日登る予定の八甲田山登山口の駐車場にて車中泊。しかし、今夜も星が全く見られなくて残念。只今、標高900m気温14℃

※そういえば、この旅行中に東京五輪が決定しましたね。まだハッキリ言って全く実感ないけども、
女流建築家のザハ・ハディドが設計した、新国立競技場は実物がどうなるか興味深い!!

(*この記事を書いている現在2017年、東京五輪はすったもんだの問題を産み出し、ザハさんは急逝してしまったとは、いやはや未来はどうなるかわからないものです。。)