車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

紀伊半島経由中国山陰北陸の旅その七

今日ものんびり起きた。結構疲れが取りきれてないようだ。。っていい意味で毎日盛り沢山でクタクタだから有難い話なわけだけど。そこで、寝てた道の駅で情報収集。奈良をまさかここまで文化遺産的に散策する予定がなかったから資料は持ってきていない。道の駅は役に立ちまくりだったのでさっそく近くにあるトウハクでやってたキトラ古墳壁画が出土した明日香村(昨日捕まった人じゃない(笑))へ行ってみた。

そういえば今日は日曜。かなり賑わっていて、村周辺は混雑。。なんとかキトラにいっても工事中。というよりキトラはここには無く、現在修復作業中。そこで実物にデジタルスキャンをほどこし、高細密撮影した写真が展示されてたんだけど、その出来映えに驚く。。3Dみたいにリアルだった。

そのあと資料館やら古墳やらみたあとは、一気に斑鳩市に飛んで初法隆寺へ。奈良市から少し離れてるから、東大寺には来てもここは意外と遠縁だった。立派なお寺に感動しているも束の間。修学旅行生の大群がドバドバドバアアアアアっと押し寄せてきた。数千人規模でこんな大勢初めて見た。一般人は僕か白人旅行者かマニアのじい様しかいない。。一気に施設に流れ込んでいくので、飲み込まれるしかない。。恐怖。集団の優位性に包まれた恐るべき子供たち、キューブリックのシャイニングの血の洪水のシーンが一瞬サブリミナルされる。声はデカイ、唐突に叫ぶ!突然妙な動きをする。。去年東北の森のなかで出会った生徒たちとは雲泥の態度の差にドン引く。何校来てるんだってほど大勢居た。大体なんで日曜に来るわけ?観光客居るの分かってるだろうに。。

疲れた。

帰りにまたカツ丼を食べたが、また外れだった(笑)。。肉だけはたっぷりジューシーなのに、衣はこげこげ。。なんでこんなに不味くなるのか?僕が作った方が旨いよ。。べちょべちょだよ御飯。。この旅行中、意地でもうまいカツ丼食ってやる。。

どうしても気分を盛り返したいので、もう一件夜食用に名物柿の葉鮨を持ち帰る(谷崎潤一郎が陰翳礼讃で絶賛していたのを、店の前で思い当たったから)柿繋がりで柿ソフトクリームもほうばって駐車場に戻った。これはよくある、バニラ以外に手を出す失敗には当てはまらず気分をぶり返してくれた。

今日は何だかんだ疲れたので、早めに寝床にやって来た。温泉も毎日じゃ湯あたりするので今日はいいや。(贅沢な話だが、毎日浸かってると少し吐き気がしてくる)汗はかいたけどカラッとした陽気だからいいや。今夜で9泊目の車中泊。ここまで連泊したの初だな。やっと明日はホテルを取ってある和歌山市に戻って(奈良に予定外に深入りし過ぎた)市内観光と和歌山ラーメン三昧だな。午前中は奈良市の寺巡りの続きをやってそのあとだけど。

これを書きながら、フライングして柿の葉鮨をペロリと平らげてしまった。

潤一郎さん大正解。