車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

九州に行こう!!その十九

今日は昼前まで寝ていた。

起きて、いつもの青汁豆乳とフルーツをたっぷり食べると生き返る。屋久島からだんだんと食生活がいい加減になり、香川などでは三日三晩うどんしか食べない(笑)という珍奇な食生活がたたってか、後半はお腹を下す日が多かった。。戻ってきたら数キロ痩せてしまった。

車の片づけに小一時間ほど費やし、デジカメの膨大なデータをPCに移し替えたりしながら段々と非日常から日常にシフトしていく。。大抵の事は身体が覚えているんだなあと痛感する。機械的に、事務的に雑事をこなしながら我に返るように夢から醒める。。そういえばピアノを弾いてない。たどたどしくも一曲弾くとすっきりした。

昨日の晩、東名東京インターを降り環八を走っても特に懐かしさは感じなかった。。映像ではもう色んなインター通ったから、どこも一緒に感じていた。

家についても、今回はたいして何も特別な思いは湧きあがらなかった。だけど、旅の充実感は今までで一番感じていた。とはいえ、今回は明らかに欲張り過ぎ。料理に例えると、具をとにかく沢山つぎ込んでしまい、素材の良さが生かされなかったんじゃないかと反省している。
屋久島が終わった辺りが潮時だったように思う。そのあと、鹿児島、宮崎、大分、福岡、山口、広島、愛媛、高知、徳島、香川はうどんと直島までという畳みかけるような構成に、正直過食気味になっていた。。

記憶のレイヤーが募り過ぎて戸惑ってしまう。まあ、でも人生たまには無茶もいいと思う。自分本位で環境もよく、片っ端から体感出来るなんて幸せな事だし。
全国周っているのは、殆どが年金もらうようなお年の方々ばかり、もしくは若いバックパッカーしかいない。
僕は若くはないけれど、働き盛りの年代なのに皆とは違う事をしている。このままいくと老後には何をやればいいのやら(笑)
しかし一人旅は年々増えているそうで、旅先の地元民の方々もそういっていた。

今回はさらに色んな事を学んだと思う。次の計画はもう進行中。僕は計画した事をやっているそばから次の事を考えてしまうタイプで、それは少し困った事でもある。計画を遂行する事に集中し過ぎて、自分のエゴを満足させるのが目的の旅なんて、ちょっと違うとふと思い始めた。もちろんそれがすべてでやっている訳ではないけれど、今回の旅でそこのところのバランス感覚を学びました。

とにかく今回も無事で帰って来られて、とても感謝しています。

因みに今回の旅の総走行距離は27日間で6600キロでした。