車中泊でひとり旅のすすめ

日本中をひとり旅でまわるノウハウを綴ったブログ。ヘミングウェイが大好きです。

みちのくひとり旅に行こう!!その八

今朝は暑くて起きると、日差しが凄かった。まあまあ早めに起きられて良かった。この分だと奥入瀬渓流はいい感じだろう。体調も不思議なくらい良くなった。やっぱり緊張感とやや運動してるくらいが免疫力も活躍するんじゃないか?そう痛感しました。遊んでる時だけ(笑)

そして国道沿いの駐車ポイントに着くとけっこう人が沢山いて、弘前の高校生の数百人単位の行事軍団と細い渓流沿いの道でスレ違う羽目に。。(笑)
逆流している僕が悪いのか何なのか、激流に取り残された岩のような私とのシンクロニシティ。。
それはどうでもいいですが、高校生は大概が愛想良くて(物凄い元気に)挨拶してくれて嬉しいんですが、返答に疲れはてました。

ここは国道沿いでもあるので、アクセスはいいんでしょうが正直雰囲気はなかった。しかし秋の紅葉持は素晴らしいんではないでしょうか。
結局平坦な道を往復3時間半くらい流せて、やや張った筋肉にいい感じのウォーキングができました。

そのあとは岩手県側八幡平にある彩雲荘という有名な温泉を目指しました。
でも、ナビによれば結局以前通った秋田県側の八幡平にいく道を再び通り青森県は風船の形みたいに入った場所と出る場所がおんなじになったのでした。因みに、その時ふと東京を出たときからリセットしていない走行距離メーターに何気なく目をやると、1999.9→2000.0に変わる瞬間を目撃!!
何でそのタイミングで目をやったんだろう?、明らかに何か気になったから見た感覚があったので、自分でもビックリしました。。以前の脳科学と現象学の話じゃないけれど、無意識に視界に入り何かを認識しているんじゃないかな、なんて思い込んでしまった。まあ、何のお告げか全く解りませんが(笑)。。

そして温泉は標高1400mにあって、道路から湯気と丸出しの混浴露天風呂が一瞬見えるワイルドな場所。さっそく露天に行くとガラガラで、数ヶ所ある露天に入り放題。混浴なことを忘れてしまうほど堪能して、内湯に行こうとしたら中年のおじさんが入ってきて、もうひとり股間だけタオルで隠した豊満な奥さんが上は丸出しで入ってきて。。僕の方がビックリしてしまった。。まだ30代ぽかったけど、おおらかな人だ。。

そしてこれまた内湯が最高で、一人っきりで堪能。ここも露天がついてしかもその向こうには、明日登る岩手山が一望できる最高の眺め!!今のところ、今回のベストワン温泉でした。水がやたらに冷たかったのも良かったし。

そのあとは岩手山の麓駐車場に向かい車中泊。自衛隊演習場のすぐそばってとこは東北っぽかった。

明日は結構長丁場になるだろうから早く寝ないとならない。